七五三

私の753の写真の失敗談

一生に一度しかない、七五三を失敗したなぁと後悔しないために。
私が失敗したと思った所をまとめてみました。

これは私の主張なので、人によって全然違うという事をご理解下さい。

写真は最低限で良いの?という話

とりあえず七五三の写真は撮って両親に贈ろうか。
でもまぁ、とりあえず着物の立ち姿とドレスの写真の2枚あればいいのかな?

……こんな考えでスタートしたのが、一番の失敗だったと思います。

ちょっと考えてみて欲しいのですが、プロの手で可愛くヘアメイクされて、プロカメラマンさんに1時間(またそれ以上)かけて撮ってもらった写真で、しかも洋装・和装があって、背景や小物も変わるんですよ???

全部可愛いに決まってるじゃないですかああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

すみません、取り乱しました。
でもこれ、本当に本当に大切なことです。
だからもう一回言わせて下さい。

(素敵な背景×素敵な小物×(洋装+和装))×我が子=予想を大幅に超える可愛さ

とりあえず「和装」「洋装」の2カットとか、ぜんっっっっっっっっっっっっっっっっっっっぜん足りない。
なんなら同じ服・背景・小物だったとしても、表情が全然変わるとそっちも欲しいってなります。

一般的なスタジオ撮影では、撮影したカットのみデータプレゼントorなしが多いんです

のの

そのため大量にある可愛い写真の中から、写真を選択をする必要があるんですよ。
選択するということは、選択されなかった写真は消えます

つまり我が子の可愛い写真を消すための作業があるんですよ。

この工程がすごく嫌で。切ない作業でした

のの

選んだデータのみが、印刷されます。
選ばれなかったデータは二度と見ることは出来ません

長女の7歳の時に、すごい可愛い表情があったのを覚えてはいるんですよ。

和装のときに撮った時の、くしゃっとした感じの可愛らしい笑顔だったんです。
それだけ覚えているのですが、どういう表情だったのか詳細には思い出せないんですよね。
どんなポーズだったのかも思い出せなくて……。

フォトブックなどに残すにはカジュアル過ぎる写真だったから選ぶのを辞めたのですが、残せばよかったなぁ……て。
後の祭りなんですよね。切ない。

私の後悔のダントツ一位は欲しかった写真を残さなかった事ですね

のの

後悔しないように大量に残すと、金額がすごい事に

私が撮影をした場所では、全データを残そうとすると10万円ちょっとかかってしまいます。
実は、大手スタジオに比べて最低限の写真を撮るには安いのですが、多く残そうとすると高かったのです。

いやぁ……10万って高くないですか?
我が子の可愛い姿は残したい。残したいけれども、10万って言われると正直ためらっちゃいますよね。

大手スタジオでも、全データを残そうとすると8万円以上かかってしまう場合が多いです。
スタジオマリオは、40枚の写真を残そうとすると85,580円がかかります。
20枚の写真が入ったフォトブック(58,080 円 )+購入データ(5,500 円 )+画像データ20枚(22,000円)ですね。

スタジオアリスのスペシャルセットなら80,080円で全データがついてきます。

私はこの不満を約5万円で解消しました!80カットの全データ+フォトブック3冊+デザインシートを購入してもです。近日中に記事にして紹介しますね

のの

場所見知り・人見知りする人は要注意

これは完全に盲点でしたねぇ
長女は場所見知り・人見知りをする性格です。

事前の打ち合わせなどで衣装の展示室のような場所には行っていたのですが、撮影場所に行くのは初めて。

初めての場所で、初めての人から笑ってと言われて、長女は完全に萎縮しちゃいました

とはいえ、撮影時間も決まっています。
撮影内に少しでも写真を残す必要もありますよね。

素の笑顔は一切無いまま「い」の形の口になった瞬間に写真を撮るというのを繰り返し。

カメラマンさん: 「◯◯好きって言ってみようか~」
長女: 「好き~」
親:(いや、本当は苦手だよね……)

結局最後まで、自然な笑顔は無いままで終了しました。
それどころか苦手なものを好きと言わされ続けて、若干キレてましたね。

後で知ったのですが、人見知り・場所見知りは七五三のあるあるらしいです。

前回、次女の3歳のときに撮影した時は、撮影場所と待機場所等がセットになっている場所だったんですよ。
遊べるようにもなっていて、親が衣装の見ている間に遊んでいたので場所見知りの問題はゼロでした。

近くに子どもが撮影スペースで遊べるような場所があれば、場所見知りの人にぜひおすすめしたいですね。

とはいえ、子どもの調子にもよりますしね。泣いちゃう時に別日が可能の場所で予約すると安心かもしれません

のの

もっと楽しめば良かった

3歳の時と7歳の時を同じ場所で撮っているんですよね。
そこに深い意味は何もなくって、前撮ったからそこでいっか位な感じでしたね。

でも思ったのが、全く同じ背景で、同じような小物なんですよね。

もちろん身長が違うから、3歳の時と比べて「大きくなったなぁ」って比較するのには向いていると思います。

でも、3歳ならではの無邪気さが似合う場所もあれば、5歳・7歳ならではのちょっと大人っぽさがある雰囲気のほうが似合う場所もあると思います。

例えばこちらの写真を見てほしいんです。

こちらは次女の3歳の時の写真です。
3歳だからこそ出入りできる小さなお家が可愛らしいですよね。

ナチュラルで明るい雰囲気の背景と、3歳ならではの無邪気さが相まって、愛らしい印象の写真になっています。

一方こちらは7歳の男の子の写真になります。
背景は白を基調とした少し無機質な感じの雰囲気です。

モノトーンな印象があって、クールですよね。
頬の柔らかさなど子供らしさは残しつつも、表情や雰囲気から大人っぽいかっこいい印象をうけませんか?

同じ縦長で、背景もしっかりと写った写真となっていますが、受ける雰囲気は違いますよね。

これはどちらが良いとかいう話ではないんですよ。
私の考えと全然違う可能性もあります、逆だっていいじゃないか!と言われればそのとおりです。

つまり何が言いたいかと言うと、一生に一度しかない七五三をもっと楽しめば良かったなぁと思うのです。
別にどちらが背景でもきっと我が子は可愛いです。

でも、この背景でとったらきっと可愛いんだろうな……って年齢があると思うんですよ。
もっと単純に「この写真素敵ー、いいなぁ。撮りたいな」みたいに、楽しめばよかったなぁと。

次女のときは楽しくやって大満足でしたが、長女の時もそうやって楽しめば良かったなぁって今になって思いますね。

どうやって、好みの会社を見つけるのかも後日記事にしたいと思います!

まだ次女の7歳の撮影が残ってるので、そちらは全力でいきます

のの