【シンプル・ナチュラルなフォトブック】BONについてレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シンプル・ナチュラルなフォトブックBONについてレビュー

初めてフォトブックを作ろうと思っているんだけれど、色々とあってどこが良いのかわからない。
違いも良く分からないし、どうしたらいいんだろう?

ただ、写真が一杯載せれて、お得だと嬉しいなぁ。

そんなあなたにおすすめしたいのが、BONのフォトブックになります。
ハードカバーといって、厚みのあるしっかりとした表紙で中身が折れ曲がりにくいのに、なんといってもコスパが抜群です。

[chat face=”yaruki.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] このページでは、実際に注文をしたフォトブックの掲載や、価格や送料などについて、詳しく紹介していきます。[/chat]

ハードカバーのコスパ最強

BON

無印良品が推奨している、シンプル・ナチュラルならフォトブック

[jin_icon_check_circle]BONの特徴

BONのイメージ画像

BONは、MUJIBOOKSが推奨するフォトブックです。
MUJIBOOKSは、あの無印良品の本屋さんですね。

BONでは、無印良品のように、シンプルでいてスタイリッシュ。
でもちょっと素朴で、馴染み深い。

そんなおしゃれなフォトブックを作ることが出来ます。

サービスとしては、2019年に出来たばかりの新しいサービスなのですが
創業100年を超える会社で印刷をしています。

[chat face=”kotira.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 銀座・京都山科・博多・函館では、実際に作ったフォトブックのサンプルが置いてあります。

近隣にお住まいで、興味のある方は手にとって見てはいかがでしょうか?詳しい住所はBON公式サイト の見てみるという所をクリックすると記載されています[/chat]

フォトブックについての評価・概要

コスパ [jin_icon_star] [jin_icon_star] [jin_icon_star] [jin_icon_star] [jin_icon_star]
品質 [jin_icon_star] [jin_icon_star] [jin_icon_starhalf] [jin_icon_starblank] [jin_icon_starblank]
価格 1,800円~8,000円 価格の詳細ページへジャンプ
ページ数 24Pと48P
サイズ A6縦向き (10.9cm×15.1cm)
A5縦向き (15.1cm×21.2cm)
B4縦向き (26cm×36.6cm)

[jin_icon_book] BONで実際に作ったフォトブック

※こちらは、A6サイズ(文庫本)を拡大しています。
PCで見る場合は届いたフォトブックよりも大きく表示されている可能性があります。

BONの制作に関して

操作性 [jin_icon_star] [jin_icon_star] [jin_icon_star] [jin_icon_star] [jin_icon_starhalf]
自由度 [jin_icon_star] [jin_icon_starblank] [jin_icon_starblank] [jin_icon_starblank] [jin_icon_starblank]
テンプレート数 [jin_icon_star] [jin_icon_star] [jin_icon_starhalf] [jin_icon_starblank] [jin_icon_starblank]
デザイン [jin_icon_star] [jin_icon_star][jin_icon_star] [jin_icon_starhalf] [jin_icon_starblank]
PC/スマホ スマートフォン・PC どちらも可能
専用ソフト 不要、公式サイトから簡単に作れる

実際にフォトブックを作って、良かった所

  • ものすごく、シンプル。
    使い方に苦戦することはなく、直感的に操作が出来る。
    また専用のソフトを落とす必要もなく、すぐにできちゃう手軽さがある。
  • 空白をたっぷり入れているテンプレートが多くて、無印っぽいオシャレさがあった。
    他社ではみない、珍しい配置のものもあった。
  • 表紙と裏表紙に使われている、クラフト紙が他にはない感じでオシャレだった。
    中の紙はツルツルしていなく、良い意味でほっこり、素朴感がある。
  • 全体的に色が明るめだったので、逆光とかの場合でも人肌が暗くなりすぎない

[chat face=”ok.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 全体的に、無印良品っぽいオシャレさがありました[/chat]

実際に作ってみて、気になった所

  • 自由に文字を入れることが出来ない。文字は文字のみのページになる。
  • 肌の表現が弱い。しっかり見なくてもドットが見えてしまう。肌の滑らかさは感じられなかった。
  • 空白が大きめで、写真が小さくなりすぎかなと感じるテンプレートもあった。
  • 背景の色を変えることが出来ないので、夜景の写真は夜景感がなく寂しい感じになってしまった。
  • 白色が多い写真では、明るすぎて色が飛ぶ箇所もあった。ブライダルには向かないかも。

[chat face=”komaru.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 画質に関しては、人物がイマイチだったでしょうか。風景や料理やペットに関しては画質は気になりませんでしたね。[/chat]

ハードカバーのコスパ最強

BON

無印良品が推奨している、シンプル・ナチュラルならフォトブック

[jin_icon_moneywallet] BONの価格やサイズについて

最新の料金を掲載するように心がけていますが、変動している可能性もありますので最後はBON公式サイトの料金をご確認下さい。

商品名 サイズ 価格(税別) ページ数 追加 表紙
S(24P) A6縦
(10.9cm×15.1cm)
1,800 24P ハードカバー
S(48P) A6縦
(10.9cm×15.1cm)
2,300 48P ハードカバー
M(24P) A5縦
(15.1cm×21.2cm)
2,800 24P ハードカバー
M(24P) A5縦
(15.1cm×21.2cm)
3,300 48P ハードカバー
XL B4縦
(26cm×36.6cm)
8,000 24P ハードカバー

[chat face=”ok.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] BONはかなり安いです。

私が紹介しているハードカバーの中で、ページ単価がTOP1・3・5を占めています。48Pも印刷できてこの価格は破格ですよ[/chat]

サイズの違いについてのポイント

Sサイズ(A6サイズ=ハガキ・文庫本のサイズ)の表紙はクラフト紙になります。
手軽感がいいですね。価格も安く、置き場所にも困らない
文庫本と一緒に立てて置くことができます。(ちゃんと自立します)

MサイズとXLは、表紙が麻布になりますので雰囲気がまた変わってきますね。
サイズが大きいほうが、写真も大きくなって迫力も増していきます。

MサイズはA5なので一般的なノートと同じサイズです。
ノートをめくる感覚でパラパラと見ることができます。
(小学生の頃使うノート(ジャポニカ学習帳など)はB5で一回り大きいです)

XLサイズは、開くとめちゃくちゃ大きいです。
電車やバスなどに、広告が貼ってあることありますよね。あれがB3です。
XLはB4なので、ページを開いたら電車やバスの広告と同じサイズになります。

[jin_icon_scooter] 送料

A6 1冊 2冊
Sサイズ24P 195 164
Sサイズ48P 282 195
Mサイズ24P 195 195
Mサイズ48P 282 282
XLサイズ24P 909 909

[chat face=”kotira.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”]BONは一個につき、最大2冊までの注文となります。
こちらの送料は2020年2月時点にデータになりますので、必ず公式サイトの注文画面で確認して下さいね。[/chat]

配送までの期間

注文をしてから、2~3週間ほどかかります。
BONが特別遅いとかではなくて、一冊一冊オリジナルで制作して製本するので時間がかかってしまうんです。

渡したい日が決まっているのであれば、早めの注文をおすすめします。

ハードカバーのコスパ最強

BON

無印良品が推奨している、シンプル・ナチュラルならフォトブック

[jin_icon_creditcard] 支払い方法

クレジットカードのみの決済になります。
ご利用出来るカードは、VISA、MasterCard、 JCB、 AMERICAN EXPRESS、ダイナースクラブとなります。

[jin_icon_question]BONに関するQ&A

返品はできますか?

原則として受け付けていないようですが、商品に乱丁・落丁、その他印刷・製本工程上の不良、配送中に商品に生じた汚損もしくは破損が認められた場合は、商品の到着後7日以内であれば、対応してもらえるようです。

キャンセルは出来ますか?

個別製造となりますので、注文後の変更・キャンセルは受け付けていないようです。
これはどこもそうですので、キャンセルしないように事前に確認することが大事ですね。

色校正はお願い出来ますか?

色校正は対応していません。

紙の厚さはどのくらいですか?

こちらは、Sサイズの話になります。
表紙のクラフト紙はかなり固く、落としても曲がったりしない丈夫さを感じます。
中の紙については、めくったりする時に曲がっちゃったという事は無いと思います。
しかし、折ろうと思ったら折れる固さでもあるので、何十年も保存したいという場合には不向きかもしれません。

24Pを注文した場合の厚みはこのくらいになっています。

BON Sサイズ24Pの厚み

[jin_icon_kirakira] BONがおすすめな方

  • 写真に注釈とかはいれなくていいから、とにかく写真を一杯入れたい
  • 人の写真は少なくて、風景やコレクションの写真を印刷したい
  • 写真を一杯印刷したいけれども、コストはできるだけ抑えたい(M・48Pがオススメ)
  • スタイリッシュな感じの、おしゃれな本が欲しい
  • 無印良品の雰囲気が好きな方

[jin_icon_pen] BONについてのまとめ

BONは、シンプルなオシャレさと、パラパラと気軽に見れる手軽さがあります。

品質としては最高峰とは言えないのが本音ですが、そのかわり金額がとても安いですね。
BONだとA5サイズ48pで3,300ですが、高品質の所で印刷すると約2倍の料金になったりします。

人物は少々苦手なようですが、イラスト・風景・ペットなどでは「写真が粗いな」と感じることはあまり有りませんでした。
(価格が2倍の所と比べると、やはり粗くはあるのですが、見比べないと気にならない程度です)

最大2冊までなので、大量発注には向かないのですが、個人が気軽に楽しむにはピッタリのフォトブックだと思います。

[chat face=”kotira.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 専門ソフトやアプリも不要で、操作も簡単なので、どんな感じかな~ってちらっとサイト見てみるのも面白いかもしれません。[/chat]

ハードカバーのコスパ最強

BON

無印良品が推奨している、シンプル・ナチュラルならフォトブック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*