体験レビュー

しまうまプリントのフォトブックの画質の違いや他社との違いについてレビュー

しまうまプリントは、コスパが最高のフォトブックですね。
フォトブックを作ってみたいけど、価格が高い・難しそう……という悩みがある方にとって試してほしいです。

なんせ、198円から制作できるんですよ。
ただ画質は少々粗いですけども。

ただ、しまうまプリントは種類に応じて画質が変わるんです。

  • 超低コスト!198円から作れるライトプラン
  • バランス最高。低価格なのに画質◯
  • 画質よし。価格も他社に比べて安い

プランに応じて様々な画質があります。好みに応じてプランが選べるのがしまうまプリントの強みですね

のの

画質金額保存
ライト△(4色)
スタンダード◯(6色)
プレミアムハード◎(7色)

七五三のフォトブックのデザインについて

こちらがパソコンのインストール版で約1時間で制作したフォトブックです。

実際にしまうまプリントでシュミレーションしてみたフォトブックがこちら

simauma-1
simauma-2
simauma-3
simauma-4
simauma-5
simauma-6
simauma-7
simauma-8
simauma-9
simauma-10
simauma-11
simauma-12
simauma-13
simauma-14
previous arrow
next arrow
simauma-1
simauma-2
simauma-3
simauma-4
simauma-5
simauma-6
simauma-7
simauma-8
simauma-9
simauma-10
simauma-11
simauma-12
simauma-13
simauma-14
previous arrow
next arrow
価格998
品名ライト
サイズA45(21cm✕28cm)
ページ数 24ページ

デザインに関する良かった点

とってもシンプルなデザインが特徴ですね

のの

操作に迷わずシンプルに作れる

とってもシンプルに作れるので、迷うことなく作りたいと思った時に作れるんですよね。
また数時間で完成できちゃう手軽さも魅力ですね。

上の画像は5分位で完成しています。

やることは、とっても簡単ですね。
上の画像を作るためにやった手順はたった5つ。

  1. 画像をアップロード
  2. テンプレートを選ぶ
  3. どの場所にどの画像を入れるか選ぶ
  4. 必要に応じて拡大・縮小をする

サクッと作れる手軽さは魅力的ですね

のの

拡大縮小ができる

写真の右下の画像なのですが、本当はサイズがバラバラだったんですよね。
でもほぼ同じサイズにする事で統一感がでますね。

見せたい場所を見せることが出来るので、フォトブック制作にはとても大切な機能なんです。

この機能は必ず欲しいですね……!

のの

文字を入れることが出来るので、

コメントを入れることが出来るんですよね、そのため撮影時の記憶を鮮明に残すことが出来ます

しまうまプリントのフォトブックは最安で198円なんですよね。
記憶はちょっとずつ薄れちゃうので、文字を入れて残す事が出来るので、サブ用のフォトブックとして強くおすすめできますね。

年数がたった後に読み返すのにピッタリですね。

のの

デザインに関するデメリット

見開きのデザインには注意が必要

両側に引っ張るようにして見れば多少は見えるのですが、本が痛みやすいのでおすすめは出来ませんね。
このような真ん中に人物が映る場合は注意が必要です。

見開きのテンプレートも多数用意されていますが、真ん中はかなり見にくいということを覚えておいてくださいね

のの

背景などの色や専用のデザインは一切ない

背景色や画像を入れることで、七五三らしさを演出することができます。

しかししまうまプリントには一切ありません。
機能を最低限する代わりに、価格も格安なので仕方ないとは思いますね。

ただし、テンプレートの組み合わせ次第では上の画像のように寂しい感じになるかもしれませんね。

テンプレートもシンプルで数も多くはないので、ちょっと単調でオシャレさはあまりないかもしれませんねぇ

のの

ちなみに、もっとデザインを入れたものを見てみていという方はこちらのページが参考になるかもしれません。

自由配置は無く、テンプレートの種類も少ないので、自由度はかなり低い。

上で紹介したものは確かにおしゃれなのですが、価格は高くなってしまいます

のの

しまうまプリントの画質について

印刷するにあたって気になるのは、画質ですよね。
しまうまプリントはどのプランを選ぶかで画質が大きく変わります。

画質金額保存
ライト△(4色)
スタンダード◯(6色)
プレミアムハード◎(7色)

ライトのみスキャンしてあるのですが、スタンダードとプレミアムはまだスキャンできていません。

ライトプラン

ライトはハッキリと申しますが、画質がかなり粗いですね。
紙もザラザラとしていますし、画質が粗いので鮮明さにかけるぼやっとした写真になります。

下にある画像が実際に印刷したライトの画像になります。

161f2402264f52_KJHELGOMINPFQ
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
previous arrow
next arrow
161f2402264f52_KJHELGOMINPFQ
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
previous arrow
next arrow

ライトは198円のフォトブックと考えると、十分な画質だと思います

のの

スタンダードプラン

中間であるスタンダードが個人的には1番おすすめです。

画質としては結構良いですね。
最高品質とは行かないですが、パッと見る分には十分に綺麗ですよ。

ただ、色ムラというか、明るすぎる印刷と暗すぎる印刷が出てしまうので安定していないイメージはありますね。
きっちりと補正された写真であれば大丈夫だと思います。

粗さというのをほぼ感じない画質なのに、価格がとても安いのでコスパ最高です。

スタンダードのコスパは最高ですね、低価格に抑えたい人におすすめ!

のの

プレミアムプラン

プレミアムは最高画質でDreamLavo5000という高性能の業務用プリンターを利用しています。
肌の光に対する表現が最高で、鮮明に鮮やかに印刷。
スタンダードと比べて、明らかに綺麗です。
特に肌の光が立体的で良いですね。

しかしながら、他社のDreamLavo5000を使ったものと比較すると、少々見劣りするように思います。

私が印刷するのであれば、同じ高性能の業務用プリンターのフォトレボのソフトカバーで透明のケースをつけますね。

その方が画質も綺麗ですし、デザイン的な面でも良いかと。

プレミアムは画質が良いです。ですが、価格帯が上がったらライバルが増えたかなぁという印象。

のの

製本に関するメリットとデメリットについて

先程まではデザインについてでしたが、こちらからは、実際に印刷してみたうえで感じたメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

ただししまうまプリントはプランによって製本が違うので、個別のプランのメリットデメリットにしますね。

ライトプランのメリット・デメリット

ライトプランは、光沢感が一切なくて1番雑誌のようなデザインになっています。
表紙は巻紙になっていて、漫画みたいな作りになっています。
(厚紙があって、紙で包んでいる状態ですね)

紙は少しザラザラしていて、1番温かみがあります。

しかし巻紙はズレやすく傷つきやすいので少々注意が必要ですね。

スタンダードプランのメリット・デメリット

表紙はライトプランと同じく巻紙になっています。
私が持っているの旧バージョンで巻紙ではないタイプだったんですよね。
ですので、製本の方法が変わっている可能性が高いのでコメントができないです。スミマセン。

旧バージョンでは、紙の質感は全然違いましたが、本の構造についてはほぼ同等でした。

また、紙はライトプランより光沢感があるんです。

個人的にはプレミアムプランよりも読みやすいです。

プレミアムプランのメリット・デメリット

基本的な構造はソフトカバーと一緒かなぁと思います。
ただカバーがハードカバーになっているので、折れ曲がりにくい構造になっているので安心ですね。

上の画像を見てほしいのですが、カバーの方が大きいんですよね。
そのため中の紙が保護されて折れにくくなっています。

でも、構造の関係か開く時に音が「ギギギ……」って鳴ることがあるんです。
これは他社ではあまり無い事だったんで、ちょっとびっくりしましたね。

実際に作ったフォトブックについて

注文をしたフォトブックの概要

fuji-hyoshiura
fuji-baby1
fuji-753
fuji-sotugyo
fuji-20
fuji-bridal
fuji-hotelfood
fuji-trip
fuji-pet
fuji-yakei
fuji-hukei
fuji-white-jewel
previous arrow
next arrow
fuji-hyoshiura
fuji-baby1
fuji-753
fuji-sotugyo
fuji-20
fuji-bridal
fuji-hotelfood
fuji-trip
fuji-pet
fuji-yakei
fuji-hukei
fuji-white-jewel
previous arrow
next arrow

サイズ10.9cm✕15.1cm
ページ数24ページ
金額1,980
印刷or写真印刷
商品名Sサイズ
注文~到着まで注文日:1/24 到着日:2/3

しまうまプリントのフォトブックの料金・送料・支払い方法について

私が知る限りでは、ライトプランは最安クラスとなっています。

料金

ライト

サイズ価格
文庫サイズ198
A5スクエア298
A5498
A4998

サイズは小さいですが、198円からって凄すぎる……!!

のの

スタンダード

サイズ価格
文庫サイズ798
A5スクエア998
A51,198
A42,498

価格は上がりますが、画質が格段に上がりますよ。個人的に一番好きです

のの

ライト

サイズ価格
A5スクエア1,498
A51,898
A43,898

画質はNo.1ですね、明確に差を感じますよ

のの

送料

種類価格
メール便110
宅配便660

支払い方法

  • 各種クレジットカード
  • 代金引換(手数料330円)
  • コンビニ後払い(手数料220円)

しまうまプリントのフォトブックまとめ

制作するときにちょっと作業をしにくいというデメリットはあるのですが、メリットも多いんですよね。

  • 少ないページ数でも印刷できる
  • 画質が綺麗(特に着物)
  • 立体感があり、リアリティがすごい
  • 長期保存に向いている
  • 大きいサイズで印刷できる

なんでしょうか、作りにくささえ許容できれば、自宅用としてかなりおすすめなんです。

フォトショップを持ってる人は本当におすすめですよ

のの