ビスタプリントのフォトブックをレビュー【画質・価格・デザインなど徹底解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォトブックを売っている会社っていっぱいありますよね。
でも、サイトみてもよく違いが分からない。

とりあえず、そこそこ安くて、そこそこ綺麗で、折れ曲がったりしならないやつがいいなぁ……なんて思いませんか?

そんなあなたにおすすめしたいのが、ビスタプリントのフォトブックです。

上の全部を兼ね備えているので、当サイトの中で現在最高点数をマークしています。
正直にいうと最高品質とは言えないのですが、そこそこの品質で、価格が安いのでコスパが良いなって感じています。

また、初めての方に限り40%offで作れちゃうので、まだビスタプリントで作ったことが無い方は試す価値ありですよ!

[jin-fusen3 text=”同じ内容を累計11社(12冊)印刷した上で、管理人の評価”]

※クリックしたら、各項目の詳細へジャンプします。  

フルフラットを格安で作るなら

ビスタプリント

期間限定で初めての方は40%offで作れちゃいます。

[jin_icon_book]実際に作ったフォトブックについて

注文をしたフォトブックの概要

サイズ 30cm✕30cm
ページ数 24ページ
金額 7,980 4,780円(初回限定40%offクーポン を利用)
印刷or写真 印刷 (印刷の違いの説明ページはこちら)
商品名 XL
注文~到着まで 注文日:1/24 到着日:2/3

注文後に手元に届くまでの流れ

[2col-box] [2-left]ビスタプリントが届いた 佐川急便から届きました。梱包材(プチプチ)に入ってるので水濡れも・衝撃も安心 [/2-left] [2-right]ビスタプリントが届いた梱包材を剥がすと、あとは蓋をあえるだけの便利な仕様[/2-right] [/2col-box] [2col-box] [2-left] ビスタプリントが届いた 開封してみると、衝撃にかなり強い構造になっているのが分かります。
既にクッション材で包まれているのに、とても丁寧な作りで感心しました[/2-left] [2-right] ビスタプリントが届いた
分かりにくいのですが、透明な専用のケースに包まれています。
もともと頑丈な作りですがより安心ですね[/2-right] [/2col-box]

フォトブックの中身を公開

様々なジャンルのものを、幅広く印刷しているのでよければクリックしてみて下さい。拡大されます。

ビスタプリントのフォトブックを印刷した感想

華やかさがかなりあります。
色が元のより明るめ(彩度も高く・明度も高い)ですね。

そのため、忠実かといわれればどうだろう?という感じではあります。

細かさでいうと、遠くから見るとドットはさほど見えないのですが、よくよくみるとドットが見えますね。

表紙の感想

ソフトカバーとハードカバーの比較

ビスタプリントは全てがハードブックになります。
ビスタプリントは、黄色ので表示してるハードカバー・フルフラットになります。
写真を見てほしいのですが、ソフトカバーと比べてハードカバーのほうが厚みがあります。

スマホから実際にとった写真

光沢があり、厚みも一定数あるので丈夫ですね。
(蛍光灯の下で写真をとると、結構反射します)

ポイントとしては型が決まっていなくて、文字を入れる必要がなくシンプルです。
ただ自分で文字を入れる事もできます。雑誌風にしようと思ったら出来ますし、自由度がかなり高いですね。

逆に言えば、決まった型で簡単にお洒落に作りたい!という場合にはあまり向かないです。

裏表紙の感想

裏表紙にも自由に画像入れることができます。

ビスタ裏表紙

他社では、画像が入らないというケースも多々あります。
ですので、自由に画像を入れることが出来るというのは、かなりの強みになりますね。

デフォルトは2枚入るのですが、1枚にすることも出来るし、やろうと思えば一杯入れることも出来ます。

裏表紙にも写真を入れることが出来るというのは、大きなメリットだと思います。
ただバーコードは必ず入る仕様になっています。

中の紙の感想

中の紙はかなり硬いです。折れ曲がりにくいですね。

ビスタプリントのフルフラット

こちらはフルフラットのため見開きの画像がとにかく美しいというのが最大の魅力だと思います。

[jin_icon_check_circle]同じ内容を累計11社(12冊)印刷した上での評価

画質について20/40

 

 とても良い

  • 人肌が明るく健康的なのが良かった。
    ビスタプリントの赤ちゃん・子どものフォトブック
  • 料理の写真は鮮やかで美味しそうだった
    ビスタプリントの料理は明るくて美味しそう
  • 色彩が明るいため、結婚式のハッピーな感じが伝わりやすい

[chat face=”ok.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 特に料理についてはかなり美味しそうですね[/chat]

 良い

  • 海の色が鮮やかで良かった。
  • 適正な距離から見るとドットは見えない
  • 夜景の写真は明るさが際立っていて、眠らない街東京の感じが出ていた

 ここは注意

  • 明るすぎて、立体感が乏しい
  • 顔を近づけてみると、ドットが見える
  • 着物や、夜景、宝石などの深みのある色合いを表現するのが苦手(鮮やかになる)
  • 色が明るすぎて立体感が乏しい

[chat face=”komaru.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 明るくて鮮やかななのがメリットなのですが、デメリットにもなります。オールマイティではなく、向き不向きがあるという事ですね。[/chat]

価格について23/30

ビスタプリントは、全てがフルフラットになります。
他の製本と比べると、最安値ではありません。

しかしフルフラットの中では最安値になっています。
個人的にはフルフラットが一番好きですし、オススメです。

[2col-box]
[2-left title=”フルフラット” style=”1″]

合紙綴り(フルフラット・レイフラット)

[/2-left]
[2-right title=”無線綴り” style=”1″]

無線綴り

[/2-right]
[/2col-box]

フルラットのメリット

  • 手を離しても開いているので、見るのが楽
  • 真ん中にデットスペースがないので広く画像を配置出来るし、メリハリがつく
  • 紙も丈夫で保存性が高い

保存性について10/10

元々ハードカバーしかないので、表紙はかなり丈夫になっています。

中の紙は紙と紙を張り合わせている(合紙綴り)ために、中の紙にも厚みがありますね。

さらに、専用の透明ケースが無料でついてくるので、保存性にいたってはかなり高いです。
気がつけば曲がっていたということはほぼ無いと行って良いと思います。

簡単さについて7/10

VISTAの作業中のしゃしん
◎テンプレート数も多く、操作も直感的

専用のソフトをダウンロードするという手間はあるのですが、テンプレート数が多いし、難しいことが簡単に出来る仕組みになっています。

◎細部までこだわれるけど、簡単

細部までこだわりたい!けど、難しい操作はしたくないという方におすすめですね。
たとえば、写真を正方形にしたいという時はボタン一つでOKです。

その他にも影をつけたいとか、枠線をつけたいなとか。そういうのも簡単です。

操作も軽いし、エラーもないし使いやすかった

専用ソフトをダウンロードするための時間が少しかかる

デザインについて9/10

◎とことんこだわりたい方へ、自由レイアウト

自由度がかなり高いです。既存のテンプレートを使ってお洒落にという感じではなくて、自分の好きなデザインを1から作れるのが魅力ですね。

  • 写真のサイズは自由自在
  • 色は、決まった色ではなく無数にある中から選べる
  • フォントはパソコンに入っているもの全て使える
  • 透明度が選べる(透過できる)
  • 重なり順が指定できる
  • 加工がかなり出来る
  • 整列もできる

✕用意されている背景パターン・クリップアートが使いにくい

これは残念な所だなぁとは思います。

しかしながら、背景パターンやクリップアートについては、好きなフリー画像を用意して利用する事も可能です。
透過素材にも対応していますので、かなり使いやすいですね。

そうなると、自分でできる幅はますます広がりますので、ほんとうに自由ですね。

[chat face=”kotira.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 決まったテンプレートもあるし種類もあるのですが、1から自分で作りたいorテンプレートのサイズをちょっと変えたいというこだわりの強い方におすすめですね。[/chat]

総合まとめ69/100

フルフラットになる事・デザイン性の高さを考えると、紙面の美しさはトップクラスじゃないでしょうか。
こだわりを持って作れば、かなり美しいレイアウトになると思います。

しかしながら、その美しいレイアウトを出力するための画質が少々低めなのが勿体ないなというのが本音ではあります。

適正距離(手元に持ってみる・机に開きっぱなし)で見る分には気になりませんが、近づくとドットは見えますし、立体感がやや乏しいですね。

ただこちらは、他社と比較しまくった結果ですね。初めてビスタ見た時は「お、綺麗」と素直に思いました。画質にこだわりがある人でなければさほど問題ないかも知れませんね。

さらにいえば、フルフラット中では低価格になりますので、価格を考えるとこの画質が妥当なのかもしれません。
手を出しやすい、フルフラットであると言えそうです。

[chat face=”ok.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 画質をカバー出来る位の、デザインのポテンシャルはあります。写真1枚素材勝負ではなくて、おしゃれなフォトブックがほしいという方には向いていると思います[/chat]

ビスタプリントが向いているもの

結婚式のフォトブック

ビスタプリントの結婚式のフォトブック
結婚式って暗めの写真も結構多いんですよね。
様々な環境で写真を撮るので(逆光のチャペル・ライトダウンしている披露宴)

ビスタプリントの持ち前の明るさは、そんな結婚式にピッタリだと思います。
表情まで明る見えてハッピー感が増しますね。

また、フルフラットなのでデザインの幅が広いのポイントです。
結婚式の名シーンを大きなサイズで印刷することができるので、メリハリがつきますね。

さらに、保存性も高いのでいつまで経っても大事に見れるというのも大きなポイントだと思います。

[chat face=”yaruki.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 結婚式との相性はかなり良いですね。大きめサイズがオススメですよ[/chat]

https://photo-aruru.com/scene/bridal/

記念の旅行


正直にいうとベストかといわれればどうでしょう?という所はあります。
青い海・空などを表現するのは、もう一歩なので。

しかしながら、見開きでダイナミックに表現する力があります。
価格も安めでページ数も自在なので自分好みにどんどん画像入れられるのも良いですね。

また悪天候でもほんのちょっとだけ天気良く見える感じになるのもポイント。

さらに、ご飯が美味しそうですね。
美しい風景だけざなくって、旅行としての思い出をぎゅっと詰め込めちゃうっていうのがビスタプリントのよさかなと思います。

良くも悪くも保存性が高くしっかりした作りなので、旅行頻度がかなり高い人にはソフトカバーの方が良いかもしれませんね。

ペット


ペットの写真って、すごく多くなりませんか?
ビスタプリントの良い所は、写真をいっぱい入れられるんですよね。
もちろんたくさん入れると1枚あたりのサイズは小さくなっていまうんですが「この写真がベストだけど、ちょっと首かしげたこっちも入れたい」って事あるじゃないですか。
そんなときに、小さくても自由に入れられるのは良いですね。

1ページにおける画像制限がなくて、レイアウトが自在。

フルフラットを格安で作るなら

ビスタプリント

期間限定で初めての方は40%offで作れちゃいます。

ビスタプリントのフォトブック概要

[jin-iconbox01]概要の項目は、公式サイトからの情報になります。 最新の情報を掲載するように心がけていますが、変動している可能性もありますので最後はオイシックス をご確認下さい。[/jin-iconbox01]

[jin_icon_moneywallet]料金

商品名 サイズ 価格(税別) ページ数 追加 表紙
縦長Mサイズ A5縦
(15cm×20cm)
3,480円~ 24P~120P 210円/2P ハードカバー
横長Lサイズ A4縦
(21cm×28cm)
4,480円~ 24P~120P 270円/2P ハードカバー
縦長Lサイズ A4横
(28cm×21cm)
4,480円~ 24P~120P 270円/2P ハードカバー
スクエアLサイズ A4スクエア
(21cm×21cm)
3,980円~ 24P~120P 270円/2P ハードカバー
スクエアXLサイズ A3スクエア
(30cm×30cm)
7,980円~ 24P~120P 340円/2P ハードカバー

[jin_icon_scooter]送料

種類 価格
通常配送
(地域により、4~6営業日での配送)
600
エクスプレス出荷※
(18時までに決済完了されたご注文を翌営業日に出荷)
800

※一部製品、お届け地域限定になります

[jin_icon_creditcard] 支払い方法

  • 各種クレジットカード(Visa・MasterCard・JCB)
  • コンビニ払い

ビスタプリントのフォトブックまとめ

ちょっぴり、印刷に関してはクセがあるのですが、フォトブックとしてはかなり完成度が高いなというのが本音ですね。

ビスタプリントの特徴

◎良いところ

  • 本当に自由自在にレイアウトが出来るので、好みのデザインが出来る
  • 写真をいっぱい入れることが出来る
  • フルフラットで見やすい、メリハリが付く
  • 専用ケースもついているし、保存性も高い
  • 価格もフルフラットの中では安い

✕気になる所

  • 画像は最高品質とはいえない。けど価格を考えると良いとは思う
    (適正距離から見る分には問題ないけど、少々立体感が乏しい)
  • 自由ゆえに、本気で作ろうとすると時間がかかるかも
    テンプレートで簡単可愛いではない

価格も適度なのに一定の画質の良さがあって、使いやすくて、保存性も高くて、見やすくてお洒落にもできる。

なんというのでしょうか、バランスが最高なんですよね。
高いのは嫌、でも一定の綺麗さはほしいみたいな人にピッタリです。

この理由から、当サイトの最高得点をマークしています。

ただでさえコスパが良いのに、初回限定40%offクーポン があるのもかなり強いですね。

[chat face=”yaruki.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”]まだビスタプリントでフォトブックを作ったことが無い方は、とりあえずビスタプリント作ればいいんじゃないかな?って位にはおすすめだし、お得ですよ![/chat]

フルフラットを格安で作るなら

ビスタプリント

期間限定で初めての方は40%offで作れちゃいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*