【結婚式のフォトブック】13社を比較しておすすめを3つにまとめました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚式のフォトブックおすすめ3つ紹介

結婚式場でフォトブックを見ていいな~と思ったけれども「10万円になります」と言われて、諦めた方へ。
または、手を出せる金額だったけど、フォトブックって要る?スマホで見れるからそれで良いんじゃないのかな?とお悩みの方へ。

実はフォトブックって、自分で作るととっても安くなるんですよ。
さらにフォトブックは、見る以外にもメリットがあるんです。

このページでは、フォトブックを作るメリットや、失敗しないためのポイント、そして13社から厳選した3つの商品の特徴を紹介しています。

メリットやポイントはいいから、比較やおすすめが知りたい!という方は、こちらジャンプ出来ます。
フォトブックの比較
▽結婚式におすすめの3つのフォトブック
[3col-box]
[3-left]
プロにおまかせ

フジフォトアルバム

[/3-left]
[3-center]

自作でも簡単可愛い

マイブック

[/3-center]
[3-right]

低価格で大容量

ビスタプリント
[/3-right]
[/3col-box]

結婚式のフォトブックってそもそも必要?

えー、素直に書きます。人によると思います
作っても全く見ないと思う方は無理して作る必要もないと思います。

しかし、スマホやPCで見えるよね?フォトブックを作ると何がいいの?と悩んでいる方には、私は作ることをおすすめしたいと思います。

[box01 title=”フォトブックをおすすめする理由”]

  • スマホ・タブレットの画面より大きい
  • 向きが整っていたり画像が最適化されていて、見やすい
  • 文字(感想)を入れることが出来る
  • みんなで一緒に見れる
  • 新郎新婦の実家での、話のネタになる
  • 自分の分を作る時に両家分も作って、プレゼントに出来る

[/box01][chat face=”ok.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 私が特に有益だなと思うのが、新郎新婦の実家でみんなで見れる事です。[/chat]

人にもよりますが、新郎新婦の実家に行くのはまだ緊張する方もいるでしょう。
そんな時期は「えっと何話そう……」となりますが、結婚式のフォトブックを持っていくと、一緒に見ながら自然に話が弾むんですよね。

さらに、結婚式の感想も聞けたりするので、こちらも嬉しいんです。

また自作のメリットとして、文字を入れれるというのがあります。

もちろんスマホのアプリで文字入れは出来るのですが、結婚式の写真は一杯あるし、一枚一枚文字を入力するのも大変ですよね。

スマホの写真は劣化しませんが、当時の記憶はどんどん忘れていってしまいます。

フォトブックを作るときに文字(感想など)を入れる事で、当時の記憶を思い出してフレッシュな気分になれる可能性が高いです。

あとは、もし二人の間に子供が産まれて、大人になって結婚するとなった時に「どんな風にやったの?」って聞かれたら「写真見ながら話そうか」って見ながら話せるのもいいですよね。

[chat face=”kotira.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 見るだけならスマホでも出来るのですが、見る以外の付加価値があるのがフォトブックの魅力ですね[/chat]

結婚式のフォトブックを作るポイント4つ

フォトブックを作ってくれる会社は実は色々あるんですよね。
実際にいろんな会社で頼んだ私が、結婚式のフォトブックを作るうえで大事だと思った項目を4つあげました。

Point1.カバーは迷わずハードカバー

ソフトカバーとハードカバーの比較

カバーとは、フォトブックの表紙の素材の事をさします。大きく分けてソフトカバー・ハードカバーの2種類があります。

上の写真の外側のカバー部分を見て欲しいのですが、ハードカバーは厚みがあって中身より一回り大きいのがわかりますか?

このため中身がカバーによって守られるので曲がったりしにくいんですね。

ソフトカバー ハードカバー
価格 安い 高い
保存性 低い 高い
表紙 柔らかい(雑誌風) 硬い(辞典風)

[chat face=”point.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] ずっと大事にしたいものなので、ハードカバーを強く推奨します![/chat]

Point2.フルフラットがおすすめ

こちらはフォトブックの製本方法の違いについてです。

[2col-box]
[2-left]

富士山のある風景

フルフラット

[/2-left]
[2-right]

無線綴じ

[/2-right]
[/2col-box]

写真が見やすく・デザイン性もあがる

同じ写真を印刷しているのですが、見て欲しいのが富士山の部分。
左の写真(フルフラット)は、富士山が綺麗に見えますが、右の写真(無線綴じ)は中央部分が糊付けされているので、真ん中が見にくくなってしまいます

真ん中が見やすいと、見開きページ(上のように2Pにまたがった写真)を入れることができてメリハリがつきます。

見やすい

フルフラットは、180度開くので家族みんなで仲良く見ることが出来るんですよね。
無線綴じ(写真右)だと、ページを抑える必要があります。

ちなみに一人で見る場合も、ページ開きっぱなしにできるので見やすいですよ。

紙が厚くて丈夫

フルフラットにするためには、合紙綴じである必要があります。
合紙綴じは紙と紙を張り合わせて作る製法なので、無線綴じに比べて厚みがあり、ちょっとしたトラブルで曲がりにくいです。

[chat face=”point.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 結婚式のフォトブックって、一人じゃなくて複数人で見ることがあるんですよね。
デザイン性も上がって、見やすくて、曲がりにくいなんてお得。[/chat]

Point3.サイズは大きめに

結婚式におすすめのフォトブックのサイズ

色々なサイズ(A6~B4)まで印刷して思ったのですが、大きいと迫力が増しますね。
用途にもよりますが、自分用or両家用なら、特にA4サイズ以上がおすすめです。

A4サイズを開いたときの迫力はスゴイですね。
写真はA4サイズより一回りだけ大きいA3スクエアです(開くとA4より幅が20cm大きい)

式場のをやめて価格を抑えた分、ここは贅沢するポイントだと思います!
個人的には大きい方がより良いとは思いますが、B5サイズ(ノートサイズ)以上を推奨ですね。

ノートサイズ以下となると、物足りなく感じる可能性が高いです。

[chat face=”point.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] スマホやタブレットでも写真は見れますが、このサイズの差は大きいですね。
ちなみに後で説明しますが、こちらはビスタのフォトブックでこのサイズで初回限定4,780円なんです[/chat]

Point4.写真の補正はできれば欲しい

結婚式は様々なロケーションがあり、毎回ベストな環境で撮影出来るわけではありません

必須ではないのですが、できれば少し加工をしたい所です。
(顔が明らかに暗い写真・ボケてる写真など)

最近はスマホのアプリなどでも出来るのですが、1枚1枚やるのは大変。
プロにまるっとおまかせ出来るか、フォトブックを作る専用ソフトで加工できるととても便利です。

上記4つのポイントを抑えて上で、おすすめのフォトブックの会社とプランを紹介します。

結婚式におすすめのフォトブック比較

詳細を説明する前に、まずは上記のおすすめポイントをクリアしている会社と結婚式場の一般的なフォトブックとの比較になります。

スクロールできます
商品名 価格(税別) ページ数 スマホでの作成 プロのトータルデザイン 結婚式専用テンプレート 色補正 オススメの種類
式場 50,000~200,000円 10P~30P(式場による) 式場による 式場による
フジフォトアルバム 22,000~56,100 10P・20P・30P プロ トータルデザインセレクトプラン
マイブック 9,878~19,778 10P・20P・30P・40P
専用ソフトで自分で
FLAT
ビスタプリント 4,928~26,730 24P120P
専用ソフトで自分で
L縦長・XL

[chat face=”kotira.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 特に見てほしいのが価格、ビスタプリントは約1/10ですね[/chat]

結婚式におすすめのフォトブック3つ

それでは、個別におすすめの詳細について説明していきますね。

プロにおまかせ!高級感あふれるフォトブックならフジフォトアルバム

 おすすめポイント1 プロにおまかせ!

フジフォトアルバムのウエディングフォトアルバムなら、ものすごく簡単。
やることといえば、テンプレートと表紙のタイプと、ページ数・冊数を選んで注文

注文後に届く仕様書に、表紙・裏表紙(表紙タイプによります)と使ってほしい画像があれば指定して、画像を送信。

後はプロの方が、指定した必用な写真を使って、フォトブックを作ってくれるんです!
あとは、確認してOKなら印刷して届けてくれます。
すっごく簡単ですよね。

下の画像は、実際に注文出来るテンプレートの一例ですね。
クリックをすると実際のページの詳細を見ることができますよ。

[chat face=”yaruki.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] あと画像補正をしてくれるというのも大きな魅力ですね!この写真暗くて見にくいという事が無いんです[/chat]

おすすめポイント2 保存に強く高画質な、銀塩写真

ソフトカバーとハードカバーの比較

こちら写真を見て欲しいのですが、銀塩写真のフルフラット(一番下ピンク)の中身のページの厚みを見て欲しいんです。

ほかの3つと比べてあきらかに厚いのがわかりますか?

結婚式のフォトブックって一度見たら終了じゃなくて、10年後、もしかしたら50年後にも、ふと見返すものだと思うんです。

その時にページが湿気で歪んでいたり、折れたりしていたら、ちょっと悲しいですよね?

フジフォトアルバムのフォトアルバムは、紙に写真を張り合わせて、その上にラミネート加工を施しているのでとても丈夫です。

また、フジフォトアルバムの魅力はなんといっても高画質!

結婚式の写真こちらは実際に印刷したフォトブック(ブライダルプランではない)なのですが、私が印刷した中で一番画質が良いと思いました

立体感があってとてもリアルなんですね。
いつ見返しても、当時の記憶を思い出せる画質の良さは本当に魅力的です。

おすすめポイント3 高級感抜群なお洒落な表紙や化粧箱

自分で印刷出来るところで、こんなにお洒落な表紙や化粧箱がたくさんあるのを、私はフジフォトアルバムしかしりません。
セレクト・ハイ というプランを選んだ場合のみなのですが、このような表紙になっています。

[2col-box] [2-left] [/2-left] [2-right] [/2-right] [/2col-box]

フォトレボという会社でも3種類ほど同じ箱を扱っていますが、ページ数が40p固定という事と保存性の高さ、フルフラット、色補正の有無からこちらをおすすめします。

ここが気になる

  • 価格は安くはない。
  • スマホでもOKなんですが、写真データの転送が大変かもしれない

[chat face=”yaruki.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 正直にいうと自分で作る中では圧倒的に高いのですが、失敗が少なくて保存もしっかりしているので、高いお金を払う価値はあると思います。文字は好きなように入れられないのですが、写真を最大限映えさせたい方におすすめです[/chat]

一生物のフォトブックを作るなら

フジフォトアルバム

高画質で、保存性も高い。おしゃれな外見もあり、贈答用にもピッタリ

ブライダルプランではないのですが、実際にフジフォトアルバムで作ってみた感想はこちら

結婚式のフォトブックの比較表に戻る

おしゃれさと、手軽さを兼ね備えたマイブック

おすすめポイント1 テンプレートが豊富

マイブックの結婚テンプレートイメージ

フジフォトアルバムとの違いは、自分で作るという事ですね。

自分で作るとなると大変そうに思うかもしれませんが、既定の場所に写真をいれていくだけなので、結構簡単です。

テーマを選んで写真を入れていくだっけだったら、30分未満で完成するんじゃないでしょうか
上の画像のサンプル画像という部分に自分の画像を入れるだけです。

ただ色補正はないので、マイブック専用ソフトで修正する必要はありますね(暗い写真とか)
ちなみに、銀塩写真と違い明るい色彩になるので、暗い写真がより暗くなって困る!という事はありません。

また、テンプレートから作るという画面でいくと固定のテンプレートとページ数になりますが自由にページ数・テンプレート等も変えることが出来ます。

[chat face=”ok.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] ウエディングのテンプレートは正方形が多いので、FLAT260Sという商品をおすすめします。[/chat]

おすすめポイント2 表情が明るい

マイブックは顔色が明るい

マイブックで印刷したフォトブック。こちらはART-HCという商品なので、FLATはこちらより綺麗に印刷されますし、真ん中の段差もありません。

マイブックだけの特徴ではないのですが、インクジェット印刷は色彩が明るいです。
(銀塩写真はほんの少しだけ落ち着いた色彩になります)

結婚式のフォトブックは人物が一杯ですよね。
そういう意味では、顔色が華やぐマイブックも良いと思います。

またマイブックは、写真の色味にクセがなく忠実に再現してくれます。
今回おすすめしているFLATという商品は、高品質のDreamLabo5000という業務用フォトプリンターを利用しています。

[chat face=”kotira.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] インクジェット印刷の中でも、DreamLabo5000は特に綺麗です[/chat]

フジフォトアルバムもとても綺麗なのですが、得意な分野がちょっと違う感じです。

ざっくりと特徴をいいますと、フジフォトアルバム(銀塩写真)はリアルさが抜群にあります。立体感がスゴイですね。

マイブックは、ポスター的な美しさで色味が鮮やかで透明感があります。結婚式だとカラードレスがすごく映えると思います。

印刷の違いをすると長くなるので、興味のある方はこちらを見て下さい。

https://photo-aruru.com/school/print-type/

ここが気になる

  • スマートフォンで作れるフォトブックは結婚式には向かない。
  • 補正は自分でする必要がある
  • 銀塩写真とくらべると中の紙は薄い

豊富なテンプレートで、簡単・可愛い

マイブック

画質も綺麗なので、何度も見返したくなるフォトブックが作れちゃう

結婚式のフォトブックの比較表に戻る

思い出を全部詰め込む!最大120ページまで印刷できてコスパ抜群のビスタプリント

大容量120ページ、思い出全部いれちゃえる

ビスタプリントのフォトブックなら、結婚の思い出全部入れらられちゃう

式場のフォトブックって、当たり前ですが「結婚式」の写真のみになります。

しかし自分で作るフォトブックなら「結婚に関係するもの」を全部入れられちゃうんですよね。

[box01 title=”結婚式に関係するもの”]

  • 前撮りの写真、指輪の写真
  • 入籍の写真(一緒に結婚届を持っている写真など)
  • 結婚式をあげたときに泊まったホテル(外観・客室・料理)
  • 新婚旅行(飛行機・料理・観光先など)

[/box01]

結婚式に関する思い出を全部入れてたとしても、120ページまで作れるので足りないって事はないんじゃないでしょうか?

仮に1ページに4つの写真を載せたとして480枚も載せられます
500枚弱って結構な量です。

ちなみに、120ページ分作れるのは分かったけど、両家に渡すことを考えたら結婚式のみのほうが良いな……と思った方へ。

ビスタプリントのフォトブックは、一度作ったものを別名で保存する事が出来ます。

まずは、結婚式の部分だけ制作。
その後に別名で保存をして、自分用の部分を追加すればOKです。

[chat face=”point.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 自分用のは、感情移入しまくりのエモいの推奨です。ちなみに24ページから、2ページ刻みに増やせるだけで、120ページ作る必要はありません[/chat]

大きいサイズでも価格が安い

結婚式におすすめのフォトブックのサイズ

こちらの写真は私が実際に作ったXLサイズになります。
かなり大きいので、迫力満点ですね。

ビスタプリントは、サイズが大きくてフルフラットのハードカバーでありながら、安いです!

24ページ作っても、4,928円(A4縦)なんですよね。
上のサイズは一番大きいので、8,778になります。

しかし、期間限定で初めての方は40%offのキャンペーンを実施中なんですね。
(上のリンクのページから注文しないと40%offになりませんので、ご注意下さい)

1冊しか適用されないのですが、1冊だけも40%offって大きいですよね。
一番少ないページ(24p)だと、A4縦2,680円(+税)一番大きいサイズ4,780円(+税)で買えちゃいます。

1冊5万ですよ!って言われたら「高い……」ってなりますけれど、1冊5,000円未満ですよ!って言われたら「あー、うん、なら作ってもいいかな?」ってなりませんか?

[chat face=”ok.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 出費を少しでも抑えたい方は、ビスタがおすすめ[/chat]

ここが気になる

  • フジフォトアルバムとマイブックに比べると少し画質は劣る
    (画像が粗いのではなくって、色彩が明るくて立体感が少し弱い感じ)
  • 結婚式用のテンプレートはない(配置が決まっているテンプレートはある)ので、シンプルになりがち
  • 中の紙は銀塩写真と比べると薄い
  • 色補正は自分でする必要がある

フルフラットを格安で作るなら

ビスタプリント

期間限定で初めての方は40%offで作れちゃいます。


実際にビスタプリントで作ってみた感想はこちら

結婚式のフォトブックの比較表に戻る

結婚式のフォトブックについてまとめ

[jin-fusen3 text=”伝えたいこと”]

  • 自分で作ると、フォトブックは安くなる
  • 大きいサイズならみんなで見れる
  • コメントを入れることで、何十年先に見返すときに新鮮な気持ちになれる

[jin-fusen3 text=”作るポイント”]

  • カバーはハードカバー
  • フルフラットが好ましい
  • サイズは大きめ
  • 補正が欲しい

[jin-fusen3 text=”おすすめ3社”]

 

[chat face=”point.png” name=”のの” align=”right” border=”gray” bg=”none”]ビスタプリントなら5,000円以下でつくれちゃいます。一生に一度の記念ですし、値段が理由で諦めていた方の参考になれば嬉しいです。[/chat]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*